FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

スラマ様まとめ

スラマ様に関するまとめだよー。

最近私が猛プッシュしているスラマ様だが、ヤバントさんと違って設定がかなり複雑になってて、
クエストなどのストーリーも深いので、
「なんで城砦で捕まってるの?」とかそういう疑問がある人も居るだろう。
居なかったとしても書くけどな。


長いから追記からー

では主な関係者を簡単に紹介していきましょう。

【管理所長スラマ(反逆者スラマ)】
スラマ様 a04.jpg



【警備隊長ムルガン(忠実なムルガン)】
murufan.jpg a02.jpg


【軍団長ラクシャカ】
ラクシャカ

第50ラクシャカ軍の軍団長。
ティアマト城砦ラクシャカ軍司令室で見られる。
(としか辞書に書いてなかったからSSは省略)


【忠実なナルクン】
wwwdd.jpg n01.jpg



【不安定なナルハ(実験中のナルハ)】
a03.jpg



【第5龍帝ティアマト】
第5龍帝。
非常に凶暴で血と殺戮を好む。
前第5龍帝であるアプスを暗殺して龍帝になったため、統率力が弱く、
龍帝の座を狙う多くの反逆者から挑戦を受けている。



【ハヌマト派】
スラマ様がアラカの管理所長になる過程で陰謀を企てていたとされる派閥だが、
詳細は不明。




スラマ様に関係する人物は大体こんな感じです。
各々の関係性を簡単に図に示すとこの通り。

相関図




では、各々の人物を詳しく掘り下げていきましょう。

【アラカに関係する事項】
スラマ様に関係する重要な資料を一つ挙げましょう。
アラカにある「スラマの保存玉」の中身です。
簡単に言えばスラマ様の日記のような物ですね。

ho01.jpg
ho02.jpg
ho03.jpg
ho04.jpg
ho05.jpg
ho06.jpg

さて、「ムルガンとスラマ様がそっくり?」「ハヌマト派?」などなど、
詳細不明な点がたくさんですが、読み取れる事は沢山あります。



ナルハに関して
tyt.jpg

実験によりナルハは現在のような状態になってしまったとのことです。
(※パシュマンディル寺院を守っているのがラクシャカ軍なので、
ナルハもラクシャカ軍だったのではないかと思います)


さて、アラカ関係の事項を一言で簡単にまとめてしまうと下記の通りです。

アラカのドラナを利用して、自身を強化する生体実験を行い龍帝の座に着くことを企てるスラマ様。
元都市の警備兵であったムルガンはスラマ様の忠僕となり、ナルハは実験台に使われた。
しかしアラカはディーヴァの襲撃により壊滅した。

ここまでが、2.5までのストーリーです。





続いてストーリーはティアマト城砦へと続きます。

ティアマト城際にいったことがある方なら分かるでしょうが、
永劫の収容所にいくと、スラマ様とムルガンが牢獄の中に捕まっております。

02.jpg
nwe04.jpg
01.jpg
03.jpg

という経緯だったらしいです。

ラクシャカとスラマ様がどういう関係だったかは不明ですが、
ラクシャカがスラマ様をはめて、「反逆者スラマ」として投獄されることになったとな。


(恐らく、ラクシャカがティアマトにスラマ様のことをチクったとかそんな感じじゃないかなあと思います。
当のラクシャカも、実は反逆準備中なのですが、その辺りスラマ様とどういう関係だったのかは不明)

で、怒り心頭、ラクシャカに復讐に向かうスラマ様。
道中のデブを全部倒しておいてくれる格好いいムルガン。

m06.jpg

ddww.jpg

負けてしまうスラマ様…。
このラクシャカとスラマ様の対決時、タゲって見ると分かるのですが、
スラマ様は「スラマインパクト」、ラクシャカは「ラクシャカパニッシュ」というスキルを詠唱しています。

そしてラクシャカはディーヴァに倒され、扉が開きムルガンが駆けつけてきます。

05.jpg
m01.jpg
m02.jpg
m04.jpg
m05.jpg

悲しみにくれるムルガン。
(文章よく見ると、意外と立ち直りはええじゃねえか、とか思っちゃいけない)

「スラマ様の復讐をしてくれたのか・・・」とムルガンは言っておりますが、
強盗殺人鬼であるディーヴァとしては、「え、いや、ドロップのためだけどwwwwww」と答えるでしょう、無念。

この、泣いているであろう悲しみにくれるムルガンについては大いに語りたい所ですが、
次に進みます。


続いて龍帝の庭園に行くと、忠実なナルクンがおります。
功章官とのことで、奥にいるコインを交換してくれる奴の同僚だと思われますが、
実はこいつはスラマ様の手下で、ここから宝物をくすねる係りです。

n02.jpg
n03.jpg
n04.jpg

めっちゃいい奴じゃないかナルクン・・・・・・。
「たとえディーヴァであっても恩人のことは裏切らない」とか・・・。
ムルガンといいナルクンといい、スラマ様はいい部下に恵まれていたようです。
まあスラマ様の人柄が(実は)いいから、いい部下が集まったともいえるかもしれませんね。

a01.jpg

アラカではこんな事いってたけど、きっとシロキンのことだな、うん。

というわけで、ここまでのストーリーを簡潔にまとめると以下のとおり。

ラクシャカの計略にはまり投獄されたスラマ様。
ディーヴァの手を借りてラクシャカに復讐しようとするも敗北。
ムルガンは悲しみにくれるが、復讐の手助けをしてくれたディーヴァに御礼をする。




と、いうわけです。
AIONは基本的にクエストやミッションの内容がほぼ辻褄が合っているところが非常に好きなんですが、
3.5でAIONの総監督が代わったせいか、3.5ではびみょーーーーに辻褄が合わない点が多いんです。
特にスラマ様関連では謎が多いままでした。


あと、ラクシャカに関して、時系列もちょっと謎です。

スラマ様は「仲間を売って手に入れた軍団長の座など恥ずかしくないのか」といっているので、
ラクシャカはスラマ様を売って軍団長になったと考えられます。

しかし寺院にディーヴァ達が強盗強襲した時点で、「寺院は精鋭であるラクシャカ軍により守られている」
という設定だったはず。

アプデに考えると、「寺院→アラカ→城砦」の順番です。
ストーリー的には、寺院にクムバンダを追いかけてシエルの遺物を云々、の後に城砦へ言っているので、
「寺院→城砦」の順は絶対なはず。
アラカはミッションには組み込まれていないので、もしかするとストーリー的には、「アラカ→寺院→城砦」の
順番を想定されているのかなあ。


スポンサーサイト

2013-02-28 : 龍族関連 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

江戸満開

Author:江戸満開
FC2ブログへようこそ!

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。