スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

バルセロナ

この間フランススペインに行ったときの写真と感想。
1日目、バルセロナ。

何でこのAIONブログに書くんだよって感じだけど、
他にブログ的なもの持ってないし作るのも面倒だから特別にな!!

写真だけ見たい方はこちら。

バルセロナアルバム


長いので記事は「続きを読む」から!
写真は全部スマホだし、いかんせん混雑してる所も多くて、自由行動以外はゆっくり撮れないから
写真下手だけど勘弁してね。

あと、写真がブログ記事の枠からはみ出てるのがすごい醜いけど勘弁して。
デザイナーの人が見たらブチ切れそうだけどなんかもう面倒くさかった

スペインフランス5日間のたびに行ってきたよ。

スペインもフランスも、観光客多いし、片言の英語で買い物くらいはどうとでもなるね!
フランスペインでは、「いらっしゃいませ」ってなくて、代わりに客と店員が挨拶を交わすようだ。
なのでツアーなら、現地語で「ありがとう」「こんにちは」が分かればとりあえず大丈夫。


【1日目:バルセロナ】
スペイン人は結構陽気で明るい性格なので、雰囲気はすごく良い。
観光客も多いから、東洋人が少しまごついてても大体は笑って許してくれる感じだった。
(でも観光客慣れしてる店以外だとそうでもない。日本もホテルとか浅草とかならともかく
その辺のコンビニの店員が日本語以外で話しかけられたら「???…え、なに…」ってなるのと同じようなもんだね)

【気候】
日本と大体同じくらい。
ただ、湿気がないから、昼と夜の温度差が激しいし、日が出てるときと曇ってる時の温度差もすごい。
昼間は晴れてれば半そでで丁度良いけど、夜は寒がりなら上着が必要かな。

DSC_0548_R.jpg

日本から空港で待ってる時間も含めて20時間くらいかけてバルセロナに到着。
ホテルに着いたのがあっちの夜23時くらい。
近くのスーパーで水とか買ったり一息ついた後、ホテル前で煙草すってたら添乗員さんと会った。

外国の夜は怖いから部屋に戻ろうと思ってたんだけど、添乗員さんが
「今日は近くで野外コンサートやってるみたいですよ!満開さんならなんか溶け込めそうだから見に行ってみては?」
って言われて、添乗員さんが勧めるって事はそう危険な感じでもないだろうと思って、見にいって見ることにした。

財布とか全部置いて、咥えタバコで炭酸水のペットボトルだけ持ってぷらぷらと散策開始。

ここはスペイン広場だかの近くなんだけど、この時点で深夜1時だっつーのに、
スペイン人はすごく夜元気!
コンサートだかやってたみたいで、広場はすごいお祭り騒ぎですごい人、警察まで来て交通整理てきなことやってた。
地元民ばっかりっぽくて、東洋人は見かけなかった。

すげーなぁと思ってブラついてたら、カップルらしき人に写真撮って、ってお願いされた。
そういうスリも多いと聞くので警戒したものの、普通に写真とってあげたら普通にお礼言われて終わった。

DSC_0665_R.jpg

二日目の夜のスペイン広場?
こっちは観光客も多かったけど、地元民が何でだか知らんけど無駄に一杯いた。
添乗員さんによれば、スペイン人はシエスタするから夜の元気っぷりがすごいらしい。


DSC_0550_R.jpg

バルセロナの町並み。
バルセロナは本当にどこも綺麗で、ごみは落ちてないし建物も調和が取れてるヨーロピアンな感じで、
とても良い街だと思った。
特徴的なのは、ゴミ箱がすごい多くて、ゴミ回収も結構してるみたい。
民家のゴミも、巨大なポリバケツみたいなのに入れる仕組みで、ゴミ収集車がそのゴミバケツを機械で
持ち上げてばさーっと後ろに入れるという画期的なシステム。
これならカラスの害もないし、回収も楽だし、見た目もいいね、日本もこれやったらいいのになって思ったけど、
日本は道が狭いから難しいなあんな巨大なポリバケツ置けないわ。

そしてフランスもスペインも、建物内は分煙じゃなくて完全禁煙。
(唯一、外にでられない空港には喫煙ルームがあった)
ただし、世界遺産だろうがどこだろうが、外ならいくら煙草すってもOK。
ポイ捨ても多いけど、バルセロナはそういう掃除も行き届いてたし、
なによりゴミ箱の横に灰皿付いてるからポイ捨てするまでも無くするすぐ灰皿が見つかる。
建物禁煙+煙草高額なのに外ではいくらすっても良いという、喫煙者に優しいのか厳しいのか分からん街。
日本(特に首都圏)では歩きタバコなんてできないので、つい楽しくて歩きタバコであちこち散策していた。


fefefefefefe.png

あと、スペイン人(パリも結構)は縦列駐車の達人だと思った。
この幅……。
縦列駐車のスペースがスペインにもパリにもあるんだけど、幅せっま!!!!
これどうやって出すんですか!?ってガイドさんに聞いたら、
あちらの人は「バンパーはぶつけるもの」という認識らしく、ぶつけながら出すそうだ。
実際出してる所見たけど、カツンッ、カツンッてやってた。


DSC_0561_R.jpg

DSC_0566_R.jpg

DSC_0571_R.jpg

DSC_0572_R.jpg

DSC_0575_R.jpg

DSC_0577_R.jpg

DSC_0598_R.jpg

DSC_0594_R.jpg

かの有名なサグラダ・ファミリア!
クレーンがめっちゃ建設中なのを物語っております。
一番下の写真は、多分建設とかの作業部屋。
中に入るのは予約だかなんだか必要で(それはツアーの人がやってくれた)、外から見てる人も沢山居た。

なんかこの日は、小野さんっていう有名な日本の音楽家?のコンサートが
ファミリア内部であるようで、ファミリアが見える公園とかに日本のテレビ局らしき人らもいた。
多分これ。
http://www.tmso.or.jp/j/topics/detail.php?id=897

DSC_0661_R.jpg

DSC_0663_R.jpg

そして夜ファミリア!!!



DSC_0606_R.jpg

DSC_0638_R.jpg

DSC_0640_R.jpg

DSC_0642_R.jpg

DSC_0645_R.jpg

DSC_0627_R.jpg

DSC_0624_R.jpg

DSC_0647_R.jpg


その他有名な建物とかガウディのあの公園とか、バルセロナのビーチとか。
下から2個目と3つ目はガウディ公園、一番下はガウディマンション。

ビーチではお祭りっぽいことやってて、のみの市とかフリマをやっていた。
この日は昼飯~夕飯までの間自由行動だったので、地元民が集まるその辺りを散策してみた。
(観光客も沢山居たけど)
フリマでは良い革ジャンあったから、試着させてもらおうとしたんだけど言葉が通じないから大変だった。
適当に英語で話したら、スペイン語しゃべれる?見たいなこと聞かれて、
英語がちょっとだけ、ってな感じで答えたら困ったジェスチャーされた。
なんとか試着させてもらったけど、100ユーロくらいしたしサイズ合わなかったから買わなかった、ごめんね。


DSC_0691_R.jpg

DSC_0695_R.jpg

DSC_0696_R.jpg

DSC_0701_R.jpg

DSC_0779_R.jpg

DSC_0746_R.jpg

DSC_0776_R.jpg

DSC_0786_R.jpg


モンセラートとかいう、山ノ上の修道院に行った。
スペインといえばファミリアが有名だけど、個人的にはここが一番すごかった。

標高の高い山の上にあって、修道士達と9~15才までの聖歌隊の少年達が暮らしているらしい。
ギムナジウムっていうか忍術学園っていうか、聖歌隊学園。
中に学校もあるらしく、授業でサッカーしてるのがチラッと見えた。

すごくベストタイミングで到着したようで、ついたときはすんごい霧(雲かな)で何も見えなかったんだけど、
近づくにつれてどんどん霧が晴れていって、霧の中から現れたモンセラートはゲームのCGみたいだった。

スペインはよく晴れてたし、湿気が少ないので空がすごく青い。
特にここは標高も高いのでなおさら空が青いね。

本来すんごい混雑するそうだが、幸い早い時間に行ったのでまだそれほどじゃなかった。

DSC_0704_R.jpg

DSC_0735_R.jpg

大聖堂の横にあるミニ部屋。


DSC_0712_R.jpg

DSC_0729_R.jpg

DSC_0730.jpg

DSC_0716_R.jpg

モンセラートの内部!一番下はミカエルの像らしい。
聖堂?は、ミサやってないときは自由に立ち入りできるので、中に入って椅子に座ってボーっとしてみた。
昼寝したら超気持ちよさそう。
教会ってまともに入ったこと無いんだけど、やっぱりなんか寺と雰囲気っていうか空気が似てるよなー。


DSC_0720_R.jpg

モンセラートで働くおじさん。
なんか周りがファンタジーなだけにフォークリフトが妙にシュール。

DSC_0765_R.jpg
グリコっぽい像。

DSC_0741_R.jpg

画像小さくてわかりにくいけど、一番奥のがけの先端に十字架がある。
多分ここにたどり着くとイベントが起こる。
あるいはストーリー上重要な人物の墓があるに違いない。

DSC_0702.jpg

登山鉄道でこの山之上に登れるらしいんだけど、時間がなくて断念した。
登山としても有名らしく、登山客も沢山いたよ。


【その他】

DSC_0681.jpg

寿司の店は結構見かけた。
スーパーでもすしは売ってた、意外とちゃんと寿司だった。
食べてみたかったんだけど、毎日朝昼晩と飯が付いてたので食う機会が無くてだな…。
その他バルとか諸々で食べ歩きとかも楽しそう。


DSC_0654_R.jpg

あちこちで見かけたなんかの広告。





スペインでもパリでも残念だったのは、飯。
団体ツアーなので、最終日の昼飯以外全部飯付きだったんだよ。

不味いわけじゃないんだけど、団体だから、なんつーか、宴会飯みたいなね…。
日本で例えるなら、
「てんぷらも寿司もおいしい店はたくさんあるくさいが、食べたのは宴会のオードブルの奴」みたいな感じ。

スペインでは名物の、パスタのパエリヤ(これはおいしかった)を食べたが、皿に盛られたそれを見て、ほぼ全員が
「焼きソバみたい」「焼きそばだな」「…やきそば??」って言ってたのが面白かった。

量も結構多い。
4人で取り分けるんでしょこれ!??!っていう量のサラダが1人前だった、やべえ。

飛行機は機内食がおいしいといわれているエールフランスだったけど不味かった。
セブンの方がおいしい。

ただホテルの朝飯がブッフェ形式だったんだけど、さすが生ハム大国…、
日本だとお高い本場生ハムのいろんな種類が食べ放題だった。
これが最高に幸せだった。
日本だと本場の生ハムって4枚くらいで1000円くらいするから、ここぞとばかりにバカみたいに食べた。


88HJNF4thWoaZwGoUM_UjhgVHbVU7W1c-QtDgGgIJOY.jpg

【チップ】
フランスはそこまででもなかったけど、スペインは特に所得の差が大きいらしくチップ社会だった。

タクシー乗った時、運転手はいかにもタクシーの運転手って感じの無愛想な感じだったんだけど、
7ユーロの所10ユーロ札だして、「おつりはチップで」っていったら
無愛想だった運転手がとたんに満面の笑みになって「えっ、こんなにいいの!?」みたいな感じで、
「グラシアス!!^^^^^^」ってすごいお礼言われた。
(タクシーのチップの相場は0.5~1ユーロくらいなので、3ユーロチップは多い)

日本のタクシーで、730円の所1000円出して、おつりはいいよ、っていっても
「あ、どーもね」くらいの反応だから、あちらはチップが占める割合って本当に重要なんだなあ。



【治安】
治安は、パリほど悪くは無いらしいけど、それでも観光客が集まる場所では
バッグを後ろに廻したり無防備に持つとスリに合うので注意してってくらいにはスリ、引ったくりは多いらしい。

私もホテルで朝飯食ってた時、置き引きの現場を目撃した(未遂だったけど)
他の欧米人客が、椅子にバッグ引っ掛けてたらそれをサッと奪っていく奴がいた。
幸いその人が気づいて、取り返してたけど。
あとは、明らかに宿泊客ではない奴が朝飯時にホテルに入ってきて、ロビー物色して出て行くのも見た。

日本ほど安全ではないのは確かだとしても、そこまで無防備にしてなきゃ大丈夫って感じだった。
日本もスリ引ったくりは勿論居るけど、なんでかんで安全だな良い国だ。
(余談だけど、パリやスペインの空港では皆スーツケースを肌身離さずって感じだったけど、
成田帰ってきたら皆スーツケース外に放って喫煙所で煙草吸っててやっぱ日本良いわって思った)

タバコの値段が高いせいか、煙草すってると「一本くれ」って言われる。
私も言われて、4箱しか持って行ってない貴重なアイシーンだったが
アイシーンはJTだからな、日本でしか買えないからな、アイシーンのうまさを異国人に勧めたかったのであげた。
「メンソールきっつ!!!ペッ!!!」とか思われたら悲しい。


【便所】
パリもスペインも同じ。
空港やホテルなど、観光客が利用する所では清潔だし、ちゃんとしてる。
しかし暖かい便座なんてものは無い!!!ウォシュレットも勿論ない!
その辺の飲食店だと紙がないなんて良くある事で、便座も無いことが多い。
便座がないのは、こちらでいう和式トイレ的な、文化トイレなのでまあ仕方ないとしても、
紙がない(予備も無い)、汚い、鍵が壊れてる、バッグを置くところが無いなんてザラだった。

あとは街中で利用できるトイレがすごい少ない。
特に日曜はお店も休みだからさらにない。

町を散策中、すごいトイレ行きたくなって仕方なくスタバに入ったんだけど、
便座がなくてだな……。
最悪な事になるのが怖かったからもうズボン完全に脱いだよね。
しかもバッグかけるところがなくて、ドアノブにかけたんだけど、鍵がかかってるか外から分かんないから
次に来た客がドアノブがちゃがちゃするもんだからバッグ落ちそうになるし…。
中腰で超辛いがなんとか用を足したら紙がねぇし(ティッシュ持ってて良かった)もう散々だよ。

他国だと治安や水質の面、または国民性で日本ほどの便所を整備できない(しない)という事情もあるのだろうが、
日本の暖かい便座やウォシュレットの普及率はすごいな。
日本のトイレは世界一。
ジャパニーズアナルは世界一綺麗なんじゃないかと思うわ。

当然日本でもしょぼいトイレは沢山あるので、オリンピックまでに東京中のトイレを整備して
日本の便所のすごさを披露するべきだ。


【その他】
「日本人はすごく細かくて丁寧だ」って外国人からよく言われるってのは知ってたけど、
実際あっちのお店なんかを見てると本当にそう感じた。
良くも悪くもいい加減。
日本だと「そこまでせんでも…」と思うことも多いけど、あっちだと「いくら何でも良い加減すぎんだろ」ってことも多い。

労働環境は日本人から見たらすごくすごくうらやましいけど、
あれはあれで、大変なんだなぁってことを色々と聞いた。
何事もどんどんエスカレートしていくから、丁度良いバランスって難しいんだなあ。


どーーでもいいけど、東洋人でよかったと思ったのは飛行機のエコノミー席。
欧米人は身長高くて足も長いからすんごい狭そうだった。
私なんか身長低いからエコノミーでもぎりぎり足伸ばせちゃうからな。
すごい横も縦もビッグな人も居たけど、あの席に良く収まるな。

スポンサーサイト

2015-09-30 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

江戸満開

Author:江戸満開
FC2ブログへようこそ!

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。