スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

モンサンミッシェルと港町

旅行の写真続。
フランスに移動してモンサンミッシェルと有名な港町に行ったよ。

相変わらず写真が枠からはみ出てるのは許してください。

写真一覧はこちら。
モンサンミッシェルアルバム

長いので「続きから」

DSC_0845_R.jpg

【気候】
モンサンのあたりは日本よりも、1~2ヶ月くらい先の気温。
スペインよりも夜昼の温度差激しいかな。
半そで+ジャケットだったけど、昼間はそれでも寒いし、夜はぶっちゃけコートがあったほうがいい。
9月くらいはフランスは曇りが多いそう。
あと、ちょくちょく雨が降るので雨具があったほうがいいけど、モンサン内部は狭くて傘させないし
橋は風強すぎて傘ひっくり返ると思う。
頑丈な傘で体重軽い人ならメリーポピンズ状態で海に飛んでいくかもね。


モンサンミッシェルに移動中。
ほーら、遠くに見えてきたぞう。
遠くから見るとウンコっぽいな。
余談だけど、クッキーに貼ってあったモンサンシルエットのシールがうんこにしか見えなかったので、
自宅のトイレのドアに張った。

無題-02

【ガイドさんから聞いた、モンサンの成り立ち】
ある修道士が、ある日ミカエルからのお告げであそこに修道院を作れといわれた。
しかし修道士は悪魔のイタズラだと思って無視したらまた同じお告げを言われた。
またも無視したら、ミカエルが修道士の額に雷で穴を開けたそうな。
そしたらこれは本物だと思って、あそこにモンサンを作り始めたという。

ミカエルひでぇことすんな。

モンサンには今10数名の修道士たちが住んでいるらしい。
自分の家に毎日観光客が押し寄せるってどんな気分なんだろう。

DSC_0851_R.jpg

モンサンには橋で移動する。
以前は道が作ってあったそうだけど、砂がたまって海の中に立つ景観が崩れかけたので橋に作り直したそうだ。
端の長さはたしか2kmちょっとくらい。
距離にすると大したことないんだけど、ここ、とにかく風がすごい。
まともに歩くのが辛いレベルの暴風。

風がなければモンサンまで散歩するのも楽しかろうが、いかんせん潮風がすんごいので、
無料のシャトルバスを利用する事をオススメします。


DSC_0853_R.jpg

DSC_0854_R.jpg

DSC_0858_R.jpg

DSC_0864_R.jpg

一番上に立ってるのがミカエル像。
オリジナルはぶっ壊れて落ちたから、今は復元された物らしい。
そして避雷針の役割も持っているらしい。

なんだ、額に雷落とされた仕返しか。

DSC_0870_R.jpg

DSC_0872_R.jpg

DSC_0881_R.jpg

DSC_0883_R.jpg

なんかパンツみたいにオブジェがあった。



DSC_0886_R.jpg

DSC_0888_R.jpg

修道士の額に雷を落とすミカエルの図、らしい。


DSC_0891_R.jpg

リアルグロウストーン。

DSC_0903_R.jpg

昔はこの歯車の中に囚人が入ってハムスターみたいにして、下から荷物を引き上げてたそうだ。


DSC_0906_R.jpg

DSC_0917_R.jpg

DSC_0926_R.jpg

運よく虹が見えた。

DSC_0919_R.jpg

DSC_0931_R.jpg

DSC_0934_R.jpg

DSC_0936_R.jpg

こういう道を歩いていると、なんだか中世ファンタジーごっこみたいで楽しい。

DSC_0938_R.jpg

ダンヌ・ジャルク像。


DSC_0940_R.jpg

DSC_0946_R.jpg

すごい狭い道。

DSC_0945_R.jpg

修道院だろうが観光地は観光地、お土産屋さんはすごく多い。
土産屋で武器売ってるのは世界共通なのかな…、日本刀も売ってたよ…。

あとモンサン内部の土産屋で、モンサン写真の袋のコンドーム売ってた。
仮にも修道院だろ、いいのか。

モンサン内に、ラ・メール・プラールという有名なスフレオムレツ屋さんがある。
(ちなみに銀座に支店がある)
なんかぼったくりとかあまりおいしくないという評価が多いけど、ここのクッキーはおいしかった。

私が食べたオムレツは対岸のホテルにある違うお店のだったけど、それはおいしかった。
今度銀座に食いに行こうかな。

余談だけど、フランス人ってスペイン人と違ってツンとしてるんだよね。
あまりニコニコしないですましているのが美徳だとかなんだとか。
お店側の方がなんだか偉そうな感じなことも多い。

フランススペインだと店と客は対等だという考えらしい。
(別に日本でも店員が格下なわけじゃないけど、お客様を神様だと思って丁寧な対応ともてなしをするから
なんか店員の方が下っぽく見えたり、勘違いする自国民が居るというだけだけど)

ただし、モンサンとかの観光客相手の商売の人々はすごく愛想良いし、日本語もちょっとしゃべれる。

昔は日本人客が多かったけど、最近は中国人がすごく多いみたいで、
「フランス語、英語、中国語」の表記が多い。昔は日本語が多かったらしいけど。

土産見てると、「ニーハオ?アンニョンハセヨ?コンニチーハ?」って声かけられる。
東洋人ならこれのどれかだろ!見たいな感じで。
「こんにちはw」って返事すると、「ナニカ オサガシデスカ?」「コレ、オイシーヨ!ドゾ!」とかって日本語で対応してくれる。

DSC_0952_R.jpg

モンサン。
この時期は曇りが多いみたいで、運よく青空で撮れた。

DSC_0954_R.jpg

DSC_0957_R.jpg

対岸のホテルの近くにあるスーパー、籠が可愛かった。
ここのスーパーには日本人スタッフがいた!!
(※元はモンサン内で働いてたが色々あって今はこっちに居るとか何とか)

ちなみにモンサンに行くなら、パリから車で4時間ほどかかるのでモンサン付近のホテルに泊まるのが良いと思う。
私が泊まったのは、橋を渡ったすぐのホテルで、外に出ればすぐにモンサンが見える。
(部屋からモンサンが見えるというのを売りにしてるホテルもそばにあるんだが、
非常に強気らしく、Wブッキング諸々酷い目にあったらしく添乗員さん曰く、あそこは二度と利用しねぇ)

モンサンの中にもホテルがいくつかあって、予約が取れればそっちになったっぽいんだけど今回は対岸。
いつかモンサン内部のホテルに泊まってみたいなあ。


DSC_0959_R.jpg

DSC_0966_R.jpg

ホテル出たところから見たモンサンと、ホテル。


DSC_0968_R.jpg

DSC_0980_R.jpg

夜ミッシェル。

汚い写真だけど、これを撮るのにどんだけ苦労したか…。

暗くなってからホテルを出て(フランスは日が落ちるのが遅いので、21時くらいまで明るい)
近くで写真とってたけど、スマホじゃ綺麗に取れない…。
もう少し近づこうと、橋をすこし進んでみたが一向に綺麗に取れない。
引き返してシャトルバスで近くまで行こうかと思ったけど、この時点で結構進んでしまったのでそのまま
歩きでモンサンまで行く事にしたがこれが間違いだった。

暗いんだよ!景観を護るために街頭とかない、道の足元にうっすら明りがある感じ。

DSC_0971.jpg

おまけに、寒い!!!!滅茶苦茶寒い!!コートが必要なレベルで寒い。
しかも風がとんでもなく強い!まともに歩けない!!
ついでに途中で雨がめっちゃ降ってきた!!!
ハードコンタクトなので目にごみが入ると大変、こんな所でごみはいったらどうしようもない。
洗う所もないし、外そうにも絶対風で飛ばされる、なので真っ暗なのにサングラスをするというハメに。
(それでもゴミ入って酷い目にあった)

ただ2Kmちょっと歩くのとはわけが違う、もう強風に吹かれて雨でずぶ濡れで凍えながら、
目にごみはいってろくに目を開けられないままなんとかモンサンまでたどり着いて、1,2枚写真とって
帰りはシャトルバスで帰った。
(遅い時間になるとバスの間隔も広くなる)

夜のモンサン橋は孤独感すごいよ、真っ暗で誰も居ない。
たまに通る関係者の車とかシャトルバスにヒッチハイクしたくなる。


DSC_0984_R.jpg

朝ミッシェル。
日が昇るのも遅いので、これで8時くらい。
おいショベルカー、邪魔だどけ。

潮の満ち干がうまい具合じゃなくて、海に浮かぶ城って感じの写真は取れなかった。


DSC_0990_R.jpg

フランスの郊外でよく見かける変な木。
この木なんの木気になる木。



DSC_0992_R.jpg

有名な港町。
いいねえ、ヨーロッパらしい港町。

外国人も日本の港町を見たら、「なんか日本っぽくて味がある!」って思うのかもしれないな。

DSC_0994_R.jpg

メリーゴーランドがあった。
町を観光して戻ってきたら、両親が笑顔で乗っていた。

余談だけど実はこの旅行、突然両親に
「フランスペイン行くんだ、いいでしょ」「へー、いいね」「でしょ?旅費出すからお前と旦那も一緒に行こ?」「は!?!」
っていう経緯で行くことになったのだ。
なので両親のエスコートをしなければならないのだ。
(結局母親が海外旅行慣れしてるので、両親放置でそこらへん吹っ飛びまわってたけど)

DSC_0996_R.jpg

DSC_0997_R.jpg

DSC_0999_R_R.jpg

DSC_1002_R.jpg

DSC_1005_R.jpg

DSC_1009_R.jpg

DSC_1016_R.jpg

DSC_1018_R.jpg

DSC_1014_R.jpg

リンゴ。モンサンとかこのあたりは青森と同じくらいな感じらしく、リンゴの生産が盛んだそうだ。
カルヴァドスとかシードルの名産地。

DSC_1022_R.jpg

グリコのポッキー売ってた。
ポッキーじゃなくて、MIKADOという名前だったけど。

プリングスも日本では売ってない生ハム味とか売ってたので買ってみた。
あっちのお菓子はあんまりおいしくなさそうなイメージだったけど、まあ普通に美味い。
でも、日本ほど飲み物やお菓子の種類が多くないなあ。

オランジーナはレストランでもスーパーでもどこにいってもあったwwwwww
本当にオランジーナはフランスで有名なんだな。
レストランでは普通の味しかなくて、日本でもあるしなぁと思って飲まなかったけど、
フランス版と日本版だとちょっと違うと聞いて後悔した。

73YGjLysWc5yx2cN1CKSnNncViXKVgpvmRfTyLUyqzU.jpg

パリのイオン的なお店で見つけたオランジーナ。
種類が5種類くらいあって、日本にはない味がある…。(レモンジーナは見なかったな)
ブラッドオレンジ味っぽいのがすごーーーく気になったんだけど、でかいボトルしか売ってなくて断念した。

帰国して調べたらピーチ味とかカシス味のオランジーナもあるそうだ。
それもう、ピーチンジーナとかカシスンジーナじゃねえか。

それにしても、すげぇと思ったのがやっぱりコカ・コーラ。
日本でもどこのレストランに行ってもほぼある、ない場合はペプシなだけでコーラは絶対ある。
フランスでもスペインでもやっぱりコーラはどこでもあった。
すげぇなコーラ…。

スポンサーサイト

2015-09-30 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

江戸満開

Author:江戸満開
FC2ブログへようこそ!

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。